健康診断と胃カメラに関して

日本人の死亡原因の一位はがんですが、がんの中でも胃がんと大腸がんが特出しています。理由は様々ですが、有力視されているのが食生活の欧米化です。昔と比べて肉食が増えましたし、食品添加物の摂取も増えています。表現は悪いですが、なるべくしてがんになっているとも言えます。ただ、救いは医療技術が格段に上がっていることです。特に胃カメラでは、麻酔の効きが良くなりましたし管が以前に比べて細くなりました。病院によって異なりますが、鼻腔から管を挿入して検査するケースもあるようです。これだと反射が少なく、吐き気を感じることが少なくなります。検査中の会話も可能なようで、万が一体調に異変があった際も安心です。バリウム検査もありますが、やはり胃カメラ検査を受けるのがベストです。40歳を超えれば、一年に一度は受けて下さい。



胃カメラとはどういう検査か



胃カメラを使った検査は、正式には上部消化器内視鏡検査といいます。一般の人にはテレビなどで見ることはあるものの、実際にすることがほぼないため、あまり馴染みのない検査です。胃カメラは小指程度の太さの管を口から飲み込んで十二指腸を検査していくもので、人によっては自分の身体の中に異物を入れるということに抵抗があるでしょう。人によっては強い嘔吐感を感じる人もいます。この検査で苦しまないためにいつくか辛さを軽減するコツがあります。身体の力を抜いてリラックスすることや、深呼吸をゆっくり繰り返してみたり、口の中にたまっている涎などを飲み込まず検査中垂れ流し状態にしておくなどです。これをするのとしないのとでかなり違ってきます。どんな時に上部消化器内視鏡検査を受けたらいいのかは、胸焼けがしたり、胃に痛みがあったり重かったりそんな時にすることになります。



胃のカメラは口からだけではない



胃のカメラは、口から入れて胃の状態をみます。従来はそうでした。でも口にチューブをいれるというのは、はいてしまう人もいて、しかもずっとその状態が続くのでかなりしんどい状態です。そうではなくて、鼻からいれるカメラというものも登場してきました。もっとチューブも細くなっていて、鼻からいれて、胃のなかの状態を見ます。こっちのほうが楽という人も多いです。口から入れるのと鼻からいれるのでは、感じが全然ちがってきます。どちらにするかというのは、選択出来るようになってきたみたいですね。どうしても口から出来ない人なら、多少鼻が痛いのかもしれないですが、こっちのほうがいいですね。はいてしまって検査が出来ないよりは、すごくいいです。もっと画期的な技術が開発されて、痛みのないものが出来ていくといいです。検査を受ける人も多くなります。

当サイトでは1年365日予約受付システムでのサービスを行っております。 普段は見えない体の内側まで簡単に素早く知ることが出来て、キャンペーンや特典もございますので是非お越しください。 「苦しくない無痛内視鏡検査の提供」をモットーに病気予防・早期発見の重要性を多くの方々に広めていきたいと考えております。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ